エイジングケアで紫外線を避ける。

エイジングケアで一番気を付けているのは紫外線です。
紫外線は肌のために大切なコラーゲンを壊したりエラスチンを変性させたり、悪影響を与えます。
年齢を重ねた肌ではターンオーバーの周期が長くコラーゲンの再生がうまくいかず、
肌にしわやたるみができたり、シミやくすみとなって現れます。
紫外線の強い季節はずっと引きこもっていたいですが、そういう訳にもいきません。
どうしても外に出なくてはいけない時はなるべく昼間は避け、
日焼け止めをたっぷり塗り、紫外線を浴びないように気を付けています。

off